マンション1棟買いで資産運用をする【ハイリターンのコツ】

家とお金

サラリーマン向けの投資法

マンション

不動産投資で資産を増やす

資産を増やすためには投資をするのが一般的です。投資の中でも不動産投資はリスクが小さいので、初めて行うにはおすすめです。株投資は万一暴落した時は一瞬で全てを失ってしまいますが、不動産投資の場合は不動産だけは残すことができます。土地を持っていないと不動産投資はできないと思われがちですが、サラリーマンやOLでも可能です。それはマンション投資をすることです。マンションにも一棟丸ごと投資とワンルーム投資があります。ワンルーム投資というのは一部屋だけ購入して賃貸に出すという投資法です。これなら初期投資も少なくてすむので、サラリーマンやOLでも可能なのです。今後の傾向としては、若者が多く集まる人気の街を中心としたマンション投資が活発化していきます。

入居率を安定させる方法

マンション投資を成功させるコツは入居率の良い部屋を購入することです。これまでの例では、近くに大学や企業がある場所がいいとされてきたのです。しかし今後は、少子化などによって大学が閉鎖されたり企業が移転する時代です。そうなると入居率が落ちてしまいます。マンション投資の仕方にも工夫が必要で、若者が集まる街を中心に物件を探すようにするのです。大学や企業がなくなることはあっても、街がなくなることは考えられないのです。そのような人気のある街でワンルームを購入して貸し出せば、入居率は確保できます。若者向きの部屋ですから、グレードが高い必要はないのです。グレードが低くて家賃を下げた方が入居率は安定します。このような物件を見つけることができれば、投資は半ば成功したも同じです。