マンション1棟買いで資産運用をする【ハイリターンのコツ】

家とお金

複数銘柄に投資しよう

不動産会社

収入が途絶えません

安定した収入を得ることを目的としているのであれば、上場不動産投資信託に投資をしましょう。安定収入というと中古ワンルームマンション等の収益物件に投資することをイメージする人も多いですが、中古ワンルームマンション等での不動産投資の場合、空室になると家賃収入がなくなるというリスクがあります。上場不動産投資信託もマンションやオフィスビルなどの収益物件で運用しているため、空室が発生するというリスクがあります。しかし、上場不動産投資信託の場合には、数多くのマンションやオフィスビルを保有しているため、一部が空室になったとしても、他の収益物件の収入でカバーできるので、分配金に大きく影響することがないのです。この安定した分配金が上場不動産投資信託の人気の理由の1つとなっています。

ボーナスで買おう

また、投資口価格が低いことも投資家にとっての大きなメリットです。都市部の中古ワンルームマンションを購入する場合には、1000万円前後の資金を用意しなければなりませんが、上場不動産投資信託の場合、多くの銘柄が数十万円程度で買えます。中には数万円で購入できるものもあります。時期をずらして購入していけば、取得価格を平準化できるため、高値掴みをすることもありません。ボーナスが出た際に少しずつ買い増していくという投資戦略も考えられます。いろいろな銘柄を買い足していけば、資産運用全体でかなりのリスク分散ができることになります。また、銘柄ごとに決算月が異なるので、多くの銘柄を持てば、毎月、分配金を受け取る事ができるようにもなります。