マンション1棟買いで資産運用をする【ハイリターンのコツ】

家

サラリーマン向けの投資法

マンション

資産を形成するのはリスクが小さい不動産投資が最適です。サラリーマンやOLでもマンション投資なら気軽にできます。マンションの一部屋を購入して賃貸に回すだけです。入居率を高めるには若者に人気のある街の周辺でワンルームの物件を探すのが成功の秘訣です。

不動産の知識

不動産

不動産投資の失敗を減らすには、物件を自分の目で確認することが重要です。不動産投資の知識を高めるには実際に建物を見て、専門家の意見を聞いたり不動産会社の情報で高めることができます。不動産の価値を知ることが大切です。

複数銘柄に投資しよう

不動産会社

安定収入を求めて資産運用をしようと考えているのであれば、上場不動産投資信託が適しています。上場不動産投資信託の決算月は銘柄ごとに異なるので、複数銘柄に投資をすれば、毎月、分配金をもらう形にすることもできます。

空室リスク分散も魅力

ビル

物件選びのポイントとは

アパートと比べてもマンション1棟買いは大きな金額の初期投資が必要となります。それだけに物件の選定は誰もが慎重に行うはずです。マンション1棟買いのポイントは複数あるので、知っておきたい知識です。まずポイントの1つ目に築年数に注意を要します。特に1981年以前に着工した物件は旧耐震基準で建てられているため、地震のリスクが高まります。2つ目のポイントは周辺環境を見極めることです。近隣の開発計画といったリスクや、現在の交通環境、利便施設の存在などを把握する必要があります。3つ目のポイントとして、需要がその立地であるのかを分析することです。そして最後に管理に問題が無いか、新築の場合は管理をどうするかの検討です。リターンの大きいマンション1棟買いは、このように物件選びの時は慎重に検討すべきポイントも多くあります。

区分所有との違いや特徴

投資目的でマンションを購入する場合はマンション1棟買いをする方法と、区分所有の2つの方法があります。投資手段としてはどちらもポピュラーであり、ケースバイケースでこの2つの方法を選択することになるので、2つの運用の特徴や違いを知っておくことが理想的です。マンション1棟買いの場合は、全住戸のオーナーとして入居者に貸し出して賃料収入を得ていきます。リフォームなども自由に行え、空室のリスクを分散させることができます。ただし購入金額が大きくなり、さらに災害のリスクまでは分散できないという問題もあります。一方区分所有でマンションを購入する場合は、一戸や数戸の住戸で運用を行うので、初期投資は少なくなります。資金面がネックですが、マンション1棟買いは空室リクスが少ない安定した収益が長期に望めることが大きな魅力と言えます。